コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラキシュ Lachish

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ラキシュ
Lachish

南部パレスチナの古代都市。エルサレムの南西約 45kmに位置するテルエッドウェイルの巨大遺跡と同定される。 1932~38年 L.スターキーによって発掘された。最初の人跡は金石併用期から初期青銅器時代にかけての近隣の洞窟にみられるが,前 2200年頃最初の都市が生まれ,青銅器時代の終わりまで,城壁に囲まれたカナン都市国家の一つとして栄えた。それ以後はイスラエル人の城塞都市となったが,前 588年にバビロニア軍に占領された。バビロニア軍に攻撃されたイスラエル守備隊が残した文学史料「ラキシュ陶片」は歴史的・言語的史料として重要。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ラキシュの関連キーワードキシュウミカン

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android