ラクスデーラ・サガ(英語表記)Laxdæla saga

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ラクスデーラ・サガ
Laxdæla saga

アイスランドの長編サガの一つ。作者未詳。 13世紀成立。『エッダ』や『ニーベルンゲンの歌』の主要人物ブルーンヒルトの伝説をふまえ,愛する者を死にいたらしめる女性の心理を描いている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

上意下達

上位の者や上層部の命令・意向を、下に伝えること。⇔下意上達。[補説]この語の場合、「下」を「げ」とは読まない。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android