心理(読み)しんり

精選版 日本国語大辞典「心理」の解説

しん‐り【心理】

〘名〙
① 人の心の状態と、万物本体。〔日葡辞書(1603‐04)〕
② 心のはたらき。心の有様精神の状態。こころもち。気持
※百一新論(1874)〈西周〉下「若し心物理が動かされるものならば」
吾輩は猫である(1905‐06)〈夏目漱石〉二「人間の心理程解し難いものはない」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

普及版 字通「心理」の解説

【心理】しんり

心のはたらき。思考。〔文心雕竜、情采〕聯辭結は、將(まさ)に理をらかにせんと欲す。濫(みだり)に、辭(いつはり)ならば、則ち心理(いよいよ)翳(くら)し。

字通「心」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

半夏生

半夏ともいう。七十二候の一つで,本来は夏至後 10日目から小暑の前日までをいったが,現行暦では太陽の黄経が 100°に達する日 (7月1日か2日) を半夏生とし,雑節の一つとして記載している。この頃半...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android