コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラズグラド Razgrad

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ラズグラド
Razgrad

ブルガリア北東部,ラズグラド州の州都。農業および軽工業中心地。特に抗生物質剤,セメント,陶器,ガラス製品などの生産量が多い。古代ローマの都市アブリツスの跡に築かれ,13~14世紀に都市としての体裁を整えたが,14世紀末以降のオスマン帝国支配下で地域の商工業,文化の中心をなした。人口5万 7305 (1991推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ラズグラドの関連キーワードスヴェシュタリのトラキア人の墳墓スベシュタリのトラキア人墳墓タルゴビシテシリストラルセ

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android