コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラズグラド Razgrad

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ラズグラド
Razgrad

ブルガリア北東部,ラズグラド州の州都。農業および軽工業中心地。特に抗生物質剤,セメント,陶器,ガラス製品などの生産量が多い。古代ローマの都市アブリツスの跡に築かれ,13~14世紀に都市としての体裁を整えたが,14世紀末以降のオスマン帝国支配下で地域の商工業,文化の中心をなした。人口5万 7305 (1991推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ラズグラドの関連キーワードスヴェシュタリのトラキア人の墳墓スベシュタリのトラキア人墳墓タルゴビシテシリストラルセ

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android