体裁(読み)タイサイ

デジタル大辞泉の解説

たい‐さい【体裁】

ていさい(体裁)

てい‐さい【体裁】

外から見た感じ・ようす。外見。外観。「料理を体裁よく盛りつける」
世間の人の目にうつる自分のかっこう。世間体。みえ。「体裁ばかりを取り繕う」「パーティーに一人で行くのは体裁が悪い」
それらしい形式。「企画書としての体裁をなしていない」
相手を喜ばせるような振る舞いや口先だけの言葉。「体裁を言う」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ていさい【体裁】

外から見た様子。外観。外見。 「 -よく包む」
一定の形式。 「論文の-をなさない」
他人の目にうつる自分の姿・ありさま。体面。みかけ。 「 -が悪くて彼に会えない」 「 -を気にしない人」
人に気にいられるような振る舞いや言葉。 「お-を言う」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

たい‐さい【体裁】

てい‐さい【体裁】

〘名〙
① 外から見たときの感じ。様子。外観
※松山集(1365頃)蒲団「錦茵繍褥付塵埃、実相円成有体裁
※坊っちゃん(1906)〈夏目漱石〉七「威勢よく席を譲ると、うらなり君は恐れ入った体裁で」
② 詩文の格式。また、しっかりと整った形式
※古文真宝桂林抄(1485頃)乾「荊公の論は体さいを先に云ほどにぞ」 〔沈約‐謝霊運伝論〕
③ 他人から見られた時のかっこう。みえ。面目。
※花柳春話(1878‐79)〈織田純一郎訳〉一七「談話応接多くは其体裁を失ふ」
当世書生気質(1885‐86)〈坪内逍遙〉三「あんまり体裁(テイサイ)のいい話じゃないヨ」
④ 顔つきや口先だけで他人の気に入るようなふるまいをすること。
人間失格(1948)〈太宰治〉第三の手記「男はたいてい、おっかなびっくりで、おていさいばかり飾り」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

寒暖差アレルギー

寒暖の差により鼻の奥の毛細血管が詰まり、鼻の粘膜が腫れることで起きる鼻炎。医学的には血管運動性鼻炎の一種とされる。多くの場合秋から冬にかけて1日の寒暖差が大きい時期や冷房による急な温度変化などにより起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

体裁の関連情報