コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラセーシュバラ派 ラセーシュバラはRaseśvara

1件 の用語解説(ラセーシュバラ派の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ラセーシュバラ派
ラセーシュバラは
Raseśvara

ヒンドゥー教の一派。『サルバ・ダルシャナ・サングラハ』にその説が述べられているのみで,現存宗派としては伝わっていない。化学の知識と信仰との結合をはかり,不死の薬,水銀を使用することによってシバ神との合一を目指すので水銀派といわれる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内のラセーシュバラ派の言及

【シバ派】より

ヒンドゥー教の有力な一派で,シバ神を最高神として崇拝する。サンスクリット語でシャイバŚaivaという。その起源は相当に古いと思われるが,文献に見えるかぎりでは,2世紀,クシャーナ朝の時代には,かなりの勢力をもっていたようである。仏典には,しばしば,自在天(イーシュバラĪśvara)ないし大自在天(マヘーシュバラMaheśvara)を崇拝し,体中に灰を塗りたくる外道(げどう)とか,人間の髑髏(どくろ)を連ねて首飾にする外道とかの記述があるが,これは,いずれもシバ派の修行者のことである。…

※「ラセーシュバラ派」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone