コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラチウム ラチウムLatium

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ラチウム
Latium

イタリア中西部,アペニン山脈チレニア海の間の古代ローマの地域名。現在はラツィオ州。本来はアルバヌス山付近の小地域であったが,前 500年までにテベレ川からキルケ岬にまで広がり,これを古ラチウム Latium Vetusと呼んだ。その後ローマの主導権のもとにウォルスキ人アウルンキ人ヘルニキ人などの地域が包含され,帝政初期にはマッシクス山とシヌエッサにまで達したが,これを併合ラチウム Latium Adiectumと呼んだ。皇帝アウグスツス (在位前 27~後 14) はラチウムとカンパニアを結合し,292年以後はカンパニアという名称が優先されたので,ラチウムは現在なおカンパーニア Campaniaとも呼ばれる。ラチウムは歴史上ローマと盛衰をともにした。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone