盛衰(読み)せいすい

精選版 日本国語大辞典「盛衰」の解説

せい‐すい【盛衰】

〘名〙 物事がんになることと衰えること。物事が盛んであることと衰えていること。隆替。じょうすい。
※平家(13C前)七「禍福道を同うし、盛衰(セイスイ)〈高良本ルビ〉、掌をかへす」
※随筆・胆大小心録(1808)七「千年このかたの、王城にも、代につきて盛衰あり」 〔韓非子‐解老〕

じょう‐すい ジャウ‥【盛衰】

〘名〙 (「じょう」は「盛」の呉音) 物事が盛んになることと衰えること。物事が盛んであることと衰えていること。隆替。せいすい。〔色葉字類抄(1177‐81)〕
※虎明本狂言・泣尼(室町末‐近世初)「せけんのじゃうすい、ういてんべんのことはりをのべ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

普及版 字通「盛衰」の解説

【盛衰】せいすい

栄枯。〔文選古詩十九首、十一〕故物無し 焉(なん)ぞやかに老いざるを得ん り を立つること早からざるにしむ

字通「盛」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

半夏生

半夏ともいう。七十二候の一つで,本来は夏至後 10日目から小暑の前日までをいったが,現行暦では太陽の黄経が 100°に達する日 (7月1日か2日) を半夏生とし,雑節の一つとして記載している。この頃半...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android