コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラッセルクサリヘビ Vipera russellii; Russell's viper

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ラッセルクサリヘビ
Vipera russellii; Russell's viper

トカゲ目クサリヘビ科。体長 1.7mに達する大型のクサリヘビ。体は淡褐色で,暗褐色斑紋が3列に並ぶ。台湾から東南アジアを経てインドやスリランカまで広く分布し,夜行性であるが,比較的開けた場所に多い。卵胎生で,一腹に 20~60匹の子ヘビを産むが,飼育下では卵のまま産み落とされることもある。おもに小哺乳類,小鳥,トカゲなどを食べ,興奮すると体をふくらませて大きい噴気音を立てる。毒性が強く攻撃性も大きいので,咬傷による被害の多い危険な毒ヘビである。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内のラッセルクサリヘビの言及

【クサリヘビ】より

…毒性が強く,主成分の出血毒に加えて多量の神経毒をも含むため,すべてが危険種。パキスタンからインド,東南アジア,中国南部,台湾に広く分布するラッセルクサリヘビVipera russellii(英名Russell’s viper∥daboia)は全長1~1.5mくらいでもっとも危険な種とされ,大型なものが生息する熱帯アジアでは,とくに被害が大きい。胴は太くて短く,体背面には鎖状の斑紋が並ぶ。…

※「ラッセルクサリヘビ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android