コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

卵胎生 らんたいせい ovoviviparity

翻訳|ovoviviparity

6件 の用語解説(卵胎生の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

卵胎生
らんたいせい
ovoviviparity

動物の発生において,体内受精した卵が母体内で孵化後,母体と密接な組織的結合をもたないまま,ある程度成長したのちに母体外に出る様式。卵生胎生の間に位置するといえる。栄養上で母体に依存する程度はさまざまで,タニシマムシのようにほとんど母体の栄養に依存しないものから,ウミタナゴのように体上皮,鰓孔(さいこう)を経て母体の卵巣から栄養をとるもの,さらにサメ類エイ類など多くの軟骨魚類のように,卵黄嚢により母体の生殖巣と連絡して,母体から直接に栄養を摂取するものまである。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

らん‐たいせい【卵胎生】

受精卵が母体内にとどまって発育し、孵化(ふか)し幼体となってから母体外へ出ること。母体とはつながっておらず、養分を主に卵黄からとるものをいう。マムシタニシウミタナゴサメエイグッピーなどにみられる。→卵生胎生

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

卵胎生【らんたいせい】

卵生の動物で母の体内で卵から孵化(ふか)した後に体外へ産み出されること。真の胎生とは違って普通は母体から直接に栄養の補給は受けない。マムシタニシや,ウミタナゴグッピーなど一部の魚類のほか,昆虫でもアリマキなどの例が知られる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

らんたいせい【卵胎生 ovoviviparity】

動物の生殖の一型式。受精卵が母体内で孵化し,ある程度発生が進んだ胚を生む型式をいう。ただし狭義の胎生のように胚が母体からの栄養の補給を受けることはなく,みずからの卵黄を消費して発生を進める点で狭義の胎生と区別される。この型式をもつものとしては,マムシ,タニシ,グッピー,アリマキなどが有名である。なお体内で孵化はしないけれども,鳥類のように受精をしてのちある程度発生が進行してから産卵するものをも広義に卵胎生と呼ぶことがある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

らんたいせい【卵胎生】

卵生の動物のうち新個体が卵でなく幼生の形で産まれること。卵が母体との組織的な連絡なしに母体中で発育・孵化ふかする点で、哺乳類の胎生とは区別される。マムシ・タニシ・グッピーなど。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

卵胎生
らんたいせい

動物の発生に際し、体内受精した卵が母体内で孵化(ふか)後、母体と密接な組織的結合をもたないまま、ある程度成長したのちに母体外に出る様式をいう。すなわち卵生と胎生の間に位置するといえる。卵胎生においては、栄養上で母体に依存する程度はさまざまで、タニシやマムシのようにほとんど母体の栄養に依存しないものから、ウミタナゴのように体上皮、鰓孔(さいこう)を経て母体の卵巣から栄養をとるもの、さらにサメ、エイなどの軟骨魚類の多くのように、卵黄嚢(のう)により母体の生殖巣と連絡して、母体から直接に栄養を摂取するものまである。なかでも、ホシザメでは胎盤に近い構造が発達し、真の胎生との相違は明らかでなくなる。[雨宮昭南]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の卵胎生の言及

【胎生】より

…哺乳類のように,胚が発達していくに際して,胎盤という特別な構造を通して,母体から栄養の補給を受けている形式を狭義の胎生という。一方,酸素や二酸化炭素の交換は別として,胚発生に必要な栄養を母体にたよらず,もっぱら卵黄によっているような場合を卵胎生といって,狭義の胎生と区別する。多くの魚類は卵生であるが,なかには胎生もしくは卵胎生の種類もあり,ことに軟骨魚類に多い。…

【胎盤】より

…胎盤形成を伴う生殖様式は真胎生と呼ばれる。胎盤形成を伴わない胎生は,卵胎生と呼ばれることがあるが,真胎生と卵胎生の区別は明確につけにくい場合も少なくない。真胎生を厳密に定義して,事実上哺乳類以外はすべて卵胎生と考える研究者もあるが,本項においては,胎盤形成の認められる種はすべて真胎生とする。…

※「卵胎生」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

卵胎生の関連キーワード原口人工授精前腎胎生発生卵生体外受精受精卵体内受精発生的定義

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

卵胎生の関連情報