コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラドネシ Radonezh

世界大百科事典 第2版の解説

ラドネシ【Radonezh】

14~16世紀に栄えたロシアの中世都市。ロシア有数の修道院トロイツェ・セルギエワ大修道院の創始者セルギー・ラドネシスキーが隠棲した地として著名である。現在ではロシア連邦モスクワ州ゴロドク村に遺跡として残る。セルギーが1340年ころラドネシの近くに上述の修道院を開いたため,ラドネシの町そのものは衰退した。【森安 達也】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

ラドネシの関連キーワードセルギエフ・ポサドのトロイツェ・セルギー大修道院の建造物群セルギエフトロイツェセルギエフ大修道院セルギエフ・ポサードセルギエフパサードトロイツキー聖堂

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android