コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中世都市 ちゅうせいとしmedieval city

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

中世都市
ちゅうせいとし
medieval city

中世に成立し繁栄した都市。ヨーロッパでは 10世紀頃から封建領主の居城や教会,市場,港湾などを中心として都市が発達したが,特に城郭都市はその典型である。これらの都市のほか,商工業や交通などの発達に伴って栄えた商工業都市の自由都市もある。イタリアのジェノバベネチア,ミラノ,ドイツのブレーメンリューベックなどはその例。日本では鎌倉時代以後,安土桃山時代にいたる間に発達した都市で,幕府の所在地の鎌倉のほか,全国各地に寺内町港町宿場町,市場町などがある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

中世都市【ちゅうせいとし】

中世末期,城砦(じょうさい)(ブルク),教会,市を起源として成立した西欧の都市。城壁,教会,市場,広場という共通の外観をもつ。特に11〜13世紀,ヨーロッパ北西部や北イタリアに発達。
→関連項目都市バラ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

ちゅうせいとし【中世都市】

西洋の中世に成立した軍事都市・宗教都市・自由都市など。特に自治権を有して交易で発達した自由都市が代表的。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の中世都市の言及

【住居】より

…敷地は南北1km,東西600mほどで,このなかに池を多用したさまざまな建築物を建てた。
【西欧】

[中世都市住居の新形式]
 ヨーロッパでは中世都市の発展によって,11~12世紀ころに新しいタイプの住居が現れてくる。都市内の住居(町屋)は木造で,1階に店舗等をもち,上階に居住部分をもった。…

【都市】より

…その基本的な特色は,地主的戦士の集住を契機に成立したものであり,農業生産は奴隷制に,商工業は多様な付庸の民や異邦人に依存する,いわば消費者的市民を構成メンバーとするものであった。したがって農村とは別個の法的地位を占め,商工業,ときに農業をも営みとする広義の生産者的市民を主体とした自治的な中世都市とも根本的に違った性格をもっていた。 このような都市国家は,ほぼ3世紀以降にみるローマ帝国の政治的不安と経済的衰微,つづく4世紀末以降のゲルマン人の移動侵入により,漸次その性格を変えた。…

【ヨーロッパ】より

…そのため船舶による河口からの遡行距離がきわめて長く,河川による交通は陸路をしのぐものがあった。古代の沿海文化が中世の内陸文化に移行しても,河川に沿った無数の中世都市が交易の拠点となりえたのである。
[人文地理的概念――三つの地域]
 次に人文ないし歴史地理学的に考えてみると,ヨーロッパは大きく分けて次の三つの地域にまとめることができる。…

※「中世都市」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

中世都市の関連キーワードA. イスケンジェロフカステル・ガンドルフォ都市の空気は自由にするカステル・ガンドルフォマイスタージンガーゲッティンゲンネルトリンゲンボローニャ大学ローテンブルクコミューン都市手工業ギルドオートノミープラーニッツラチオ[州]清水広一郎商人ギルドハッセルト鯖田 豊之高村 象平ロードス島

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

中世都市の関連情報