コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラマンスペクトル ラマンスペクトル Raman spectrum

1件 の用語解説(ラマンスペクトルの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ラマンスペクトル
ラマンスペクトル
Raman spectrum

ラマン効果によって現れるスペクトル。その線をラマン線という。入射光より振動数が小さい (波長が長い) 線をストークス線,大きい線を反ストークス線といい,前者のほうが強度が大きい。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のラマンスペクトルの言及

【分子スペクトル】より

…単色光が分子によって散乱されるとき,散乱光のうちに入射光と同じ波長の光のほかに,分子特有な量だけ波長の異なった光がまざってくる場合がある。この散乱光のスペクトルがラマンスペクトルRaman spectrumである。ラマンスペクトルではおもに振動回転準位間の遷移が観測される。…

※「ラマンスペクトル」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ラマンスペクトルの関連キーワード輝線スペクトル線スペクトル発光スペクトル火花スペクトル炎光スペクトル蛍光スペクトルマススペクトル異常ゼーマン効果二次ゼーマン効果ラマン散乱

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone