コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラムスアウアー効果 ラムスアウアーこうかRamsauer effect

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ラムスアウアー効果
ラムスアウアーこうか
Ramsauer effect

気体分子による電子散乱断面積が電子のエネルギーによって著しく変化する現象。 1914年ドイツの物理学者 C.ラムスアウアーが見出した。十分強い引力ポテンシャルによる散乱を量子力学的に扱うとき,動径方向に波が引込まれて位相のずれが 180°に近くなるために起る。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android