コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラムスアウアー効果 ラムスアウアーこうか Ramsauer effect

1件 の用語解説(ラムスアウアー効果の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ラムスアウアー効果
ラムスアウアーこうか
Ramsauer effect

気体分子による電子の散乱断面積が電子のエネルギーによって著しく変化する現象。 1914年ドイツ物理学者 C.ラムスアウアーが見出した。十分強い引力ポテンシャルによる散乱を量子力学的に扱うとき,動径方向に波が引込まれて位相のずれが 180°に近くなるために起る。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ラムスアウアー効果の関連キーワード散乱断面積トムソン散乱クライン‐仁科の式トムソンの公式(散乱強度)フェルミ関数メラー散乱モット散乱ローゼンタール発振ワイアール方程式レーリー散乱

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone