コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラングーン

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ラングーン
らんぐーん
Rangoon

ミャンマー(ビルマ)連邦第一の都市。2006年までは首都であった。正式呼称はヤンゴンであるが、英語風になまったラングーンで知られる。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ラングーンの関連キーワードヤンゴンの第二次世界大戦被災者墓地ボージョーアウンサンマーケットチャウタージーパゴダアウンサン・スーチーカバーエーウィリアム スリムアジア社会党会議チャイカウパゴダパデータヤーザーイエーレーパゴダバゴーマーケットウー・バ・スウェシンシア マウンヤンゴンの中華街ラングーン事件エナンジャウンタキンタントンウー・バー・ウセイン・ウィンチャイカミー

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android