コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ランツクルーナ Landskrona

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ランツクルーナ
Landskrona

スウェーデン南端部,マルメーフース県にある港湾都市カルマル同盟の王エーリックにより建設され,1413年市として勅許された。 16世紀に建設された城の周囲にはヨーロッパ最大の土壁が残る。港はほとんど結氷せず,コペンハーゲンとの定期連絡船が通じる。人口3万 6458 (1992推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ランツクルーナの関連キーワードスコーネ

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android