コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラヴェル:クープランの墓/piano solo Le tombeau de Couperin

1件 の用語解説(ラヴェル:クープランの墓/piano soloの意味・用語解説を検索)

ピティナ・ピアノ曲事典(作品)の解説

ラヴェル:クープランの墓/piano solo

ラヴェルはフランス近代を代表する作曲家で、曲数こそ多くはないが、重要な秀作を次々と生み出した。
ラヴェルは、はじめドビュッシーに尊敬をはらい続け、初期の作品にはドビュッシーの影響が色濃く反映されて ...続き

出典|(社)全日本ピアノ指導者協会
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ラヴェル:クープランの墓/piano soloの関連キーワードカンプラバラ・ヴェルメルジョスクエア・グラヴェルラヴェル:亡き王女のためのパヴァーヌ/piano soloラヴェル:マ・メール・ロワ/1 piano 4 handsヴィラ=ロボスクープラン ルイクープラン, フランソワラヴェル武満 徹

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone