尊敬(読み)ソンキョウ

  • そんきょう ‥キャウ
  • そんきょう〔キヤウ〕
  • そんけい
  • 尊▽敬

デジタル大辞泉の解説

[名](スル)そんけい(尊敬)」に同じ。
「人望を得て諸人の―を受くるのみならず」〈鉄腸・花間鶯〉
[名](スル)
その人の人格をとうといものと認めてうやまうこと。その人の行為・業績などをすぐれたものと認めて、その人をうやまうこと。「互いに尊敬の念を抱く」「尊敬する人物」
文法で、聞き手や話題の主、また、その動作・状態などを高めて待遇する言い方。→尊敬語

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 (「そんぎょう」とも。「きょう」は「敬」の呉音) =そんけい(尊敬)
※性霊集‐八(1079)孝子為先妣周忌図写供養両部曼荼羅大日経講説表白文「四衆之倫、尊敬集法庭
※浮世草子・諸国心中女(1686)四「女よろこびて其後は此夫を生神のやうに尊敬(ソンキャウ)しければ」
〘名〙 他人の人格、思想、行為などをすぐれたものとして尊び敬うこと。そんきょう。〔文明本節用集(室町中)〕
※花間鶯(1887‐88)〈末広鉄腸〉中「政事家となりて郷里の人々に尊敬(ソンケイ)せらるるを」 〔礼記‐曲礼上〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

尊敬の関連情報