尊敬(読み)ソンキョウ

デジタル大辞泉の解説

そん‐きょう〔‐キヤウ〕【尊敬】

[名](スル)そんけい(尊敬)」に同じ。
「人望を得て諸人の―を受くるのみならず」〈鉄腸・花間鶯〉

そん‐けい【尊敬】

[名](スル)
その人の人格をとうといものと認めてうやまうこと。その人の行為・業績などをすぐれたものと認めて、その人をうやまうこと。「互いに尊敬の念を抱く」「尊敬する人物」
文法で、聞き手や話題の主、また、その動作・状態などを高めて待遇する言い方。→尊敬語

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

そんきょう【尊敬】

( 名 ) スル
〔「きょう」は呉音〕
そんけい(尊敬)」に同じ。 「心に君を-すること猶ほ神に於るが如し/花柳春話 純一郎

そんけい【尊敬】

( 名 ) スル
人格・識見・学問・経験などのすぐれた人を、とうとびうやまうこと。そんきょう。 「 -する人物」 「 -の念」 「 -を払う」
文法で、話し手が聞き手または話題の中の動作主を敬う言い方。 → 尊敬語

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

尊敬の関連情報