コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラヴェル:ラ・ヴァルス/piano solo La valse

ピティナ・ピアノ曲事典(作品)の解説

ラヴェル:ラ・ヴァルス/piano solo

原曲は管弦楽曲で、ウィンナ・ワルツのイメージが盛り込まれている。当初は「ウィーン」という題名を考えていた。ラヴェルは管弦楽版のみならず、2台ピアノ用と独奏ピアノ用の版も書いている。絢爛豪華な雰囲気は ...続き

出典 (社)全日本ピアノ指導者協会ピティナ・ピアノ曲事典(作品)について 情報

ラヴェル:ラ・ヴァルス/piano soloの関連キーワードアレクサンドル ギンディン

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android