コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラヴェル:ラ・ヴァルス/piano solo La valse

1件 の用語解説(ラヴェル:ラ・ヴァルス/piano soloの意味・用語解説を検索)

ピティナ・ピアノ曲事典(作品)の解説

ラヴェル:ラ・ヴァルス/piano solo

原曲は管弦楽曲で、ウィンナ・ワルツイメージが盛り込まれている。当初は「ウィーン」という題名を考えていた。ラヴェル管弦楽版のみならず、2台ピアノ用と独奏ピアノ用の版も書いている。絢爛豪華な雰囲気は ...続き

出典|(社)全日本ピアノ指導者協会
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ラヴェル:ラ・ヴァルス/piano soloの関連キーワード管弦楽団管弦楽法シュトラウスウインナワルツ美しく青きドナウ楽曲ウィンナスクリャービン(スクリアビン):ピアノ・ソナタ 第5番/piano solo木下 牧子

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone