ウィンナ・ワルツ(読み)うぃんなわるつ

  • Wiener Walzerドイツ語

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ドイツ舞曲レントラーから派生した4分の3拍子、三部形式の舞曲。1786年ウィーンのオペラに初めて登場し、上流階級のひんしゅくを買いながらも流行する。「会議は踊る」のウィーン会議(1814~15)以後、社会の各層に浸透した。1811年のカンペのドイツ語辞典にはすでに固有名詞として採用されている。1820年代にJ・ランナーとヨハン・シュトラウス(父)によって、序奏とコーダを伴った5曲のワルツからなる定型が確立された。とくに「ワルツ王」とよばれた息子のヨハン・シュトラウス、弟のヨーゼフが活躍した19世紀後半はまさにワルツの全盛期で、『美しく青きドナウ』『ウィーンの森の物語』『皇帝円舞曲』などのワルツ王の名作は、まさにウィンナ・ワルツの代名詞となった。独特なリズムのウィーン風の演奏伝統は、他の追随を許さぬものである。[樋口隆一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

特任教授

大学・研究機関で特定有期雇用教員について、便宜上「教授」などの名を付したもの。外部研究資金によるプロジェクト等により、講座を開いたり学生の指導をしたりなど、特別の必要があるとき、期間を限って教員を特別...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android