ラヴェル:亡き王女のためのパヴァーヌ/piano solo(読み)Pavane pour une infante défunte

ピティナ・ピアノ曲事典(作品)の解説

ラヴェル:亡き王女のためのパヴァーヌ/piano solo

ラヴェルのピアノ作品中最も有名と思われる作品。1893年ラヴェル18歳時の作曲。後年作曲者自身が「シャブリエからの影響」「形式が貧弱である」といった点を指摘しているが、美しい旋律とともに、空虚五度の ...続き

出典 (社)全日本ピアノ指導者協会ピティナ・ピアノ曲事典(作品)について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

指定感染症

感染症法(感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律)の一類~三類感染症に分類されていない感染症のうち、一類~三類に相当する対応の必要が生じたものについて、1年間を期限に政令で指定する感染症...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android