コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

五度

デジタル大辞泉の解説

ごど【五度】

《原題、〈ドイツ〉Die Quintenハイドンの弦楽四重奏曲第76番ニ短調の通称。1797年作曲。エルデーディ四重奏曲の第2番。通称は第1楽章の冒頭に現れる行の5度の音型に由来する。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ごど【五度】

[2] 五回。ごたび。
[1] 〘音〙 音程の一。完全五度、およびそれより半音狭い減五度、半音広い増五度がある。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

五度の関連キーワードラヴェル:亡き王女のためのパヴァーヌ/piano soloイングリッシュホルン本格焼酎(乙類焼酎)ペンサコーラ山脈ベラスコ・イバラポピュリスト党ランズ・エンド順八逆六の法則ピタゴラス音律ブルーノートサルダーニャハルマッタンオーストリア宜候・良候白線流し五度入り完全音程清水柳渓三度入り三令五申

今日のキーワード

奨学金破産

学生が国の奨学金制度を利用したものの、返済の目途が立たずに自己破産すること。国内の自己破産の総件数は2003年をピークに減少傾向にあるが、このうち奨学金関連の破産は3000人前後の状況が続いており、1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

五度の関連情報