コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラージコット Rājkot

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ラージコット
Rājkot

インド西部,グジャラート州中央部の商工業都市。アーメダバード南西約 190km,カティアワール半島の中央部に位置。かつてはラージコット藩王国の首都,独立後 1948~56年にはサウラ州の州都であった。同半島の中心都市で,綿織物,毛織物の製造が盛ん。機械工業も発達しつつある。サウラーストラ大学のカレッジがある。人口 55万 6137 (1991) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ラージコットの関連キーワードジャームナガルジュナーガドラージコート

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android