ラ・フレーシュ(英語表記)La Flèche

世界大百科事典 第2版の解説

ラ・フレーシュ【La Flèche】

フランス北西部,サルト県の町。ロアール川Loir(ロアール川Loireの支流)に臨む。人口1万4752(1982)。1604年アンリ4世が創設したイエズス会の学校のアンリ4世学院があり,デカルトメルセンヌらがここに学んだが,1808年以後はフランス陸軍幼年学校になっている。なおその構内にはイエズス会の建築家マルテランジュMartellange(本名Étienne Ange Martel(1569‐1641))の建てたバロック様式の聖ルイ礼拝堂がある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

テレワーク・デイズ

働き方改革の一環として、自宅や出先の事務スペースで勤務する「テレワーク」の一斉実施を政府が推奨する運動。2020年に東京オリンピックの開会式が予定される7月24日を「テレワーク・デイ」と位置づけて参加...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android