コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラ・フレーシュ La Flèche

世界大百科事典 第2版の解説

ラ・フレーシュ【La Flèche】

フランス北西部,サルト県の町。ロアール川Loir(ロアール川Loireの支流)に臨む。人口1万4752(1982)。1604年アンリ4世が創設したイエズス会の学校のアンリ4世学院があり,デカルトメルセンヌらがここに学んだが,1808年以後はフランス陸軍幼年学校になっている。なおその構内にはイエズス会の建築家マルテランジュMartellange(本名Étienne Ange Martel(1569‐1641))の建てたバロック様式の聖ルイ礼拝堂がある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

ラ・フレーシュの関連キーワード方法序説ボルダトレ

今日のキーワード

裁量労働制

実際の労働時間がどれだけなのかに関係なく、労働者と使用者の間の協定で定めた時間だけ働いたと見なし、労働賃金を支払う仕組み。企業は労働時間の管理を労働者に委ねて、企業は原則として時間管理を行わないことが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android