構内(読み)かまえうち

精選版 日本国語大辞典「構内」の解説

かまえ‐うち かまへ‥【構内】

〘名〙 屋敷のうち。一区画をなしている建物敷地の中。こうない。かまいうち。⇔構外(かまえそと)
※いさなとり(1891)〈幸田露伴〉八「他(ひと)の構へ内の椎栗奪ふ類、叔父の眼を偸みては散々に悪戯(わるさ)するに」

こう‐ない【構内】

〘名〙 かこいのなか。建物、敷地などのなか。
雪中梅(1886)〈末広鉄腸〉上「鍛冶橋内警視庁の構内に」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

トンガ(国)

太平洋南西部、日付変更線のすぐ西側(南緯約20度・西経約175度)に位置するポリネシア唯一の王国。トンガ海溝に沿って、その西側に南北に連なる諸島をトンガ諸島といい、この諸島をあわせて1970年にトンガ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android