コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

リウチョウ(柳州)特別市 リウチョウLiuzhou

1件 の用語解説(リウチョウ(柳州)特別市の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

リウチョウ(柳州)〔特別市〕
リウチョウ
Liuzhou

中国華南地方,コワンシー (広西) チワン (壮) 族自治区中央部の工業都市。市区とリウチヤン (柳江) ,リウチョン (柳城) の2県から成る。省轄市であるが,リウチョウ地区の行政庁がある。シー (西) 江の支流リウ (柳) 江にのぞむとともにシヤンクイ (湘桂) ,チエンクイ (黔桂) 両鉄道の分岐点にあたり,自治区の水陸交通の要地である。唐代から開け,風光の美とリウ (柳) 杉と呼ばれる良質の木材の集散地として知られた。自治区最大の工業都市で,鉄鋼,機械,木材加工,製紙,染色,食品加工,たばこなどの工業が発達している。柑橘類の集散地でもあり,大貯蔵庫がある。唐代の文豪柳宗元が官吏として滞在したおり,人民の生活の向上をはかったことを記念する柳侯公園,思柳軒などがある。リウ江南岸のユイフォン (魚峰) 山は風致地区で,付近に鍾乳洞の公園がある。人口 166万 8161,うち市区人口 83万 67 (1990) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone