コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

リオ・ブランコ男爵 リオブランコだんしゃく José Maria da Silva Paranhos ,Jr.,barão do Rio Branco

1件 の用語解説(リオ・ブランコ男爵の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

リオブランコだんしゃく【リオ・ブランコ男爵 José Maria da Silva Paranhos ,Jr.,barão do Rio Branco】

1845‐1912
ブラジルの外交官,政治家,歴史家。上院議員リオ・ブランコ子爵(1819‐80)の子。1866年に法科大学を卒業,このとき最初の著作《プラタ戦争の挿話》を出版し,以後《三国同盟戦争》《ブラジル軍部史》など多くの歴史書を著した。69年から75年まで下院議員。その間の70年に敗戦国パラグアイへの特使に書記の資格で同行し,外交官としての第一歩を踏み出した。76年にイギリスリバプール総領事に就任し同地で歴史・地理研究に専念した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

リオ・ブランコ男爵の関連キーワードアクレ外交官ブラジルナッツマキャベリブラジルから来た少年ブラジル移民大武和三郎桑島主計畑良太郎

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone