コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

リオ・ブランコ男爵 リオブランコだんしゃくJosé Maria da Silva Paranhos ,Jr.,barão do Rio Branco

世界大百科事典 第2版の解説

リオブランコだんしゃく【リオ・ブランコ男爵 José Maria da Silva Paranhos ,Jr.,barão do Rio Branco】

1845‐1912
ブラジルの外交官,政治家,歴史家。上院議員リオ・ブランコ子爵(1819‐80)の子。1866年に法科大学を卒業,このとき最初の著作《プラタ戦争の挿話》を出版し,以後《三国同盟戦争》《ブラジル軍部史》など多くの歴史書を著した。69年から75年まで下院議員。その間の70年に敗戦国パラグアイへの特使に書記の資格で同行し,外交官としての第一歩を踏み出した。76年にイギリスのリバプール総領事に就任し同地で歴史・地理研究に専念した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

リオ・ブランコ男爵の関連キーワード牧野省三[各個指定]工芸技術部門光の科学史マルクス経済学白瀬矗スタング(父子)オセアニア史(年表)ケズウィックヤマサキバーブ

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android