コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

勲位 クンイ

デジタル大辞泉の解説

くん‐い〔‐ヰ〕【勲位】

勲等位階
国家や君主に対して功労のあった者に与えられる位階。律令制では一二等、明治以後は八等まで。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

くんい【勲位】

大宝律令(701成立)で創始された位階の一種。一等~十二等の等級があり,原則として軍功に授けられた。唐の勲官制をモデルにして創設され,対蝦夷・隼人軍事行動で軍功のあったものに授けた。大宝令位階体系のなかで,内・外位に比べて,勲位の処遇は著しく低く,また勲一等は正三位,勲十二等は従八位下を帯びる官人の末席に序列された。令制では無位帯勲者が内・外位を取得できる方式がなく,704年(慶雲1)にその道が開かれた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

くんい【勲位】

勲等と位階。
律令制で、国家に対する功労者に与えられる位階。勲一等以下一二等に分かれていた。1876年(明治9)以後は八等となる。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

勲章・褒章がわかる事典の解説

くんい【勲位】

勲等」のページをご覧ください。

出典|講談社勲章・褒章がわかる事典について | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

勲位
くんい

国家的功労を表徴する栄誉のこと。8世紀に制定された『大宝令』にその定めがあり,栄誉の位階は,文位と勲位に分れて,勲位は主として軍人に与えられた。勲位は一等から十二等まであって,文位の正三位から従八位までにそれぞれ相当するように定められ,古代,中世においては王朝貴族が地方豪族に対する身分的優位を保持する意味をもっていた。勲位の一等に及んでなお功績があれば,その父子に,五位の文位を有するものに限っては賜田が,勲二等以上にはその子に特典が,それぞれ与えられた。 1875年勲一等から八等までの勲位に,また 90年,功一級から七級までの功労に対する勲章制度ができ第2次世界大戦後,生存者叙勲は廃止されたが,1964年になって復活した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

勲位
くんい

律令(りつりょう)制における位階の一種。おもに軍功者に与えられた場合と、神社に授与された場合があった。「大宝令(たいほうりょう)」において創設され、勲一等より十二等までの等級があり、各勲位はそれぞれ正三位(しょうさんみ)以下従(じゅ)八位までの各官位に比当され、朝儀に列立する際などの序列の目安とされた。勲位は蝦夷(えみし)・隼人(はやと)征討に功をたてた軍士に与えられた例が多く、俘囚(ふしゅう)軍(投降してきた蝦夷を編成した軍隊)の軍功者にも授与された。また藤原仲麻呂(なかまろ)の乱(764)の際には、内乱鎮圧の功に対しても勲位が授けられ、叙勲の範囲は著しく拡大した。しかし9世紀後半以降、勲位制は急速に衰え、わずかに神社の帯勲のなかに命脈を保った。1875年(明治8)に至り、明治政府は8等よりなる勲位を定め、以後制度の改定を重ねたが、1946年(昭和21)に生存者への叙勲は停止された。しかし64年ふたたび生存者叙勲が復活し、現在に及んでいる。[吉岡眞之]
『野村忠夫著『律令官人制の研究』増訂版(1970・吉川弘文館) ▽渡辺直彦著『日本古代官位制度の基礎的研究』(1972・吉川弘文館)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の勲位の言及

【叙位】より

…位階体系の中心系列である内位,傍系的な外位(げい),勲位を授けること。令制で位階を授ける方式は,内・外五位以上を授ける勅授,内八位・外七位以上を授ける奏授,外八位および内・外初(そ)位を授ける官判授に分かれるが,勲位は六等以上が勅授,七等~十二等が奏授であった。…

【神階】より

…神位ともいう。令には規定はないが,品位(ほんい),位階,勲位の3種があり,品位は正史としては《続日本紀》に749年(天平勝宝1)12月東大寺大仏建立の功により,宇佐八幡大神に一品,比咩(ひめ)神に二品を奉ったとあるのが初めで,四品以上4階ある。位階は,同書766年(天平神護2)に伊予国の伊曾乃神など4神に奉ったとあるもの,勲位は同書771年(宝亀2)10月,越前国の劔神に食封,田をあてた条に従四位下勲六等とあるのが初見。…

※「勲位」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

勲位の関連キーワード菊花章頸飾・菊花章頚飾有栖川宮幟仁親王大勲位菊花章頸飾大勲位菊花大綬章久邇宮多嘉親王大勲位菊花章菊花大綬章桐花大綬章太田三次郎頸飾・頚飾菊花章頸飾栄典制度三条実美免所居官大宝律令西郷従道位階勲等官位令賞勲局大山巌

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

勲位の関連情報