リゴドン(英語表記)rigaudon

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「リゴドン」の解説

リゴドン
rigaudon

フランス,プロバンス地方の船乗りの踊りに由来する舞踊およびその舞曲。快活な2分の2あるいは4分の4拍子で,全体は主として4小節から成り,上拍で始ることが多い。リゴーというマルセイユの舞踊家が 1630年にパリで紹介したといわれる。ルイ 13世の頃 (1601~43) ,ベルサイユ宮殿で盛んに行なわれた。イギリスではリガドゥーンと呼ばれて流行した。 17~18世紀の組曲や,オペラ,バレエに取入れられ,A.カンプラ,J.ラモーらの作品にみられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉「リゴドン」の解説

リゴドン(〈フランス〉rigaudon)

《「リゴードン」とも》フランスのプロバンス地方に由来する宮廷舞曲。17~18世紀にフランス・イギリス・ドイツなどで流行した。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android