コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

リスト・テスト list test

DBM用語辞典の解説

リスト・テスト【list test】

リストの反応度を試すために、リストのなかの少数標本を選び、標本をテストとしてプロモーションを実施する。リスト有効性をテストする目的で行われる。年代別テストなら、例えば20代100名、30代100名、40代100名、50代100名と各標本数は同数にする。リスト・ソーステストも同じように各リスト・ソース別に同数の標本を抽出し、リスト・ソース別反応率をテストする。つまり、膨大なデータベースでダイレクト・プロモーションを実施する前に、どのターゲットが有効であるかを週数の標本でテストし、そのテスト結果で、本格的にダイレクト・プロモーションをする目的でテストを実施する。

出典|(株)ジェリコ・コンサルティングDBM用語辞典について | 情報

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android