コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

リタリン

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

リタリン

うつ病などの治療薬として承認されている向精神薬。成分名は、塩酸メチルフェニデート中枢神経に作用し、興奮や覚せい効果をもたらす。1958年の発売当初は軽症も対象だったが98年に「難治性うつ病」などに限定。06年の厚生労働省告示で、投薬期間の限度が1回30日間分とされた。子どもの注意欠陥・多動性障害(ADHD)治療にも使われている。

(2007-10-10 朝日新聞 朝刊 生活1)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

リタリン
りたりん
Ritalin

ナルコレプシーの治療に用いる中枢神経興奮薬の製品名。一般名は塩酸メチルフェニデート。[幸保文治]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

リタリンの関連キーワード過眠症/ナルコレプシー注意欠陥多動性障害リタリンの流通規制

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android