コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

リターニー[川] al‐Līṭānī

世界大百科事典 第2版の解説

リターニー[川]【al‐Līṭānī】

レバノン南部を流れる川。カースミーヤal‐Qāsmīya川とも呼ばれ,古くはレオンテスLeontēs川の名もある。ベカー高原のバールベク付近を水源とし南下してのち西に向かい,スール付近で地中海に注ぐ。全長140kmほどしかないが,レバノンでは最長の川で流域のすべてがレバノン領であるところから,中東では国際水利問題と関係のない川として珍しい。1970年代から南部レバノンにパレスティナ解放運動の武装闘争拠点ができてから,イスラエルはリターニー川までを国防上の危険地帯とみなしたことで注目を浴びるようにもなった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android