コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

リターニー[川] al‐Līṭānī

1件 の用語解説(リターニー[川]の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

リターニー[川]【al‐Līṭānī】

レバノン南部を流れる川。カースミーヤal‐Qāsmīya川とも呼ばれ,古くはレオンテスLeontēs川の名もある。ベカー高原バールベク付近を水源とし南下してのち西に向かい,スール付近で地中海に注ぐ。全長140kmほどしかないが,レバノンでは最長の川で流域のすべてがレバノン領であるところから,中東では国際水利問題と関係のない川として珍しい。1970年代から南部レバノンにパレスティナ解放運動の武装闘争拠点ができてから,イスラエルはリターニー川までを国防上の危険地帯とみなしたことで注目を浴びるようにもなった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

リターニー[川]の関連キーワード夷隅川磐井川オノン川ニジェール川ロアール川鏡川汨羅竹田川レバノン杉レバノン情勢

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone