コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

リップマン‐シュウィンガー方程式 Lippmann-Schwinger equation

法則の辞典の解説

リップマン‐シュウィンガー方程式【Lippmann-Schwinger equation】

量子力学的粒子の定常散乱を扱うための方程式.この種の粒子の定常散乱は,全ハミルトニアン H(自由粒子ハミルトニアン H0 と相互作用のハミルトニアン V との和)の散乱状態固有関数 ua(±) で記述されるのだが,この ua(±) の満足する次の方程式をリップマン‐シュウィンガー方程式という.

ただし ua(0) はエネルギー Ea をもつ初期自由粒子状態で,Haua(0)Eaua(0) の解である.

出典 朝倉書店法則の辞典について 情報

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android