コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

リップマン‐シュウィンガー方程式 Lippmann-Schwinger equation

1件 の用語解説(リップマン‐シュウィンガー方程式の意味・用語解説を検索)

法則の辞典の解説

リップマン‐シュウィンガー方程式【Lippmann-Schwinger equation】

量子力学的粒子の定常散乱を扱うための方程式.この種の粒子の定常散乱は,全ハミルトニアン H(自由粒子ハミルトニアン H0 と相互作用のハミルトニアン V との和)の散乱状態固有関数 ua(±) で記述されるのだが,この ua(±) の満足する次の方程式をリップマン‐シュウィンガー方程式という.

ただし ua(0) はエネルギー Ea をもつ初期自由粒子状態で,Haua(0)Eaua(0) の解である.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

リップマン‐シュウィンガー方程式の関連キーワード量子数シュレーディンガー方程式エーレンフェストの定理散乱振幅の式総和則(量子力学)ブロッホの定理(量子力学)ベルの定理(量子力学)ボルツマンの輸送方程式マスロフの定理レヴィンソンの定理