リテール(読み)りてーる

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

リテール

もともとは個人や中小企業を対象とした小売り・小口取引のこと。特にコンピューター業界ではメーカーが小売店経由で販売する正規品のことを指す。これに対して、OEM販売や業者向けに出荷したものが小売店に流出した製品を「バルク」と言う。製品は同じだが、リテールは小売りを前提としているため、説明書やメーカー保証書などが付属している。一般に価格もリテールのほうが高価。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

大辞林 第三版の解説

リテール【retail】

小売り。小売店。
個人や中小企業を対象にした小口の取引。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

リテール

〘名〙 (retail) 小売り。少量、少額の取引。〔万国新語大辞典(1935)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

政党要件

公職選挙法などが規定する、政治団体が政党と認められるための条件。国会議員が5人以上所属するか、直近の総選挙、直近とその前の参院選挙のいずれかにおいて、全国で2パーセント以上の得票(選挙区か比例代表かい...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

リテールの関連情報