コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

リノリウム版 リノリウムばん

百科事典マイペディアの解説

リノリウム版【リノリウムばん】

linoleum print。版画技法の一つで,リノリウムカットとも。リノリウムの表面をナイフで切り込んで製版する凸版法。リノリウムという素材そのものの歴史が浅いのとデリケートな表現ができないため,あまり普及はしていない。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典内のリノリウム版の言及

【版画】より

…ヨーロッパの近代木版画の再興は日本版画の刺激によるところが大きかった(ジャポニスム)。リノリウム版linoleum print(リノカットlinocut)は板の代りにリノリウムを用いたもので,ピカソなどもつくっている。浮世絵木版画(2)凹版 金属板に刻んだもので,まずビュラン(彫刻刀)で直接線刻する彫刻銅版画line engravingが15世紀前半にアルプスと北海にはさまれた地域の金工家の工房で生まれた。…

※「リノリウム版」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

リノリウム版の関連キーワードlinoleum printリノリウム・カット前田藤四郎明暗法

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android