リバティー島(読み)りばてぃーとう(英語表記)Liberty Island

翻訳|Liberty Island

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

リバティー島
りばてぃーとう
Liberty Island

アメリカ合衆国、ニューヨーク市に属し、アッパー・ニューヨーク湾に浮かぶ小島。マンハッタン南端から南西2.6キロメートルに位置する。面積約4ヘクタール。有名な自由の女神像が建ち、移民博物館がある。1758年にニューヨーク市の、1795年に連邦の所有となり、1956年に議会で現在の島名が決まったが、それまではかつての島の所有者の名前をとってベドロウ島とよばれていた。[鶴見英策]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

一代年寄

相撲界に大きな功績を残した力士に認められる年寄のことで,理事会が決定する。日本相撲協会にある 105の年寄名跡のほかに,力士名がそのまま年寄名とされる。資格は本人1代かぎりで,定年または廃業すれば自然...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

リバティー島の関連情報