リバティー島(読み)りばてぃーとう(英語表記)Liberty Island

翻訳|Liberty Island

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

リバティー島
りばてぃーとう
Liberty Island

アメリカ合衆国、ニューヨーク市に属し、アッパー・ニューヨーク湾に浮かぶ小島。マンハッタン南端から南西2.6キロメートルに位置する。面積約4ヘクタール。有名な自由の女神像が建ち、移民博物館がある。1758年にニューヨーク市の、1795年に連邦の所有となり、1956年に議会で現在の島名が決まったが、それまではかつての島の所有者の名前をとってベドロウ島とよばれていた。[鶴見英策]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android