コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

リバーサルフィルム りばあさるふいるむ

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

リバーサルフィルム

一般のカメラで撮影して直接フィルム上に被写体と同じ明暗、色をもった透明陽画が得られるフィルム。リバーサル(反転の意)と言われるのは現像処理で反転現像を行なうところから。ポジ(posi)フィルムとも言う。商業印刷ではリバーサルフィルムを使うのが一般的。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について | 情報

カメラマン写真用語辞典の解説

リバーサルフィルム

 リバーサルとは「反転した」という意味だが、これは現像工程で反転露光をして、ポジ像にするためにこういう名称になった。 ポジフィルムと呼ぶのもこのため。フィルムの種類としてはカラーリバーサルフィルムがほとんどだが、モノクロのリバーサルフィルムもあった。スライド映写するためのフィルムだったため、スライドフィルムとも言う。

出典|カメラマンWebカメラマン写真用語辞典について | 情報

大辞林 第三版の解説

リバーサルフィルム【reversal film】

反転はんてんフィルム 」に同じ。リバーサル。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

リバーサルフィルムの関連キーワードデジタル・クロスプロセスエマルジョンナンバーネガカラーフィルムカラーネガフィルム35ミリフィルムクロスプロセス135フィルムカラーフィルム写真フィルムラチチュード写真用色素ISO感度小型映画露出計増感

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android