リバースアダプター(読み)りはあすあたふたあ,りばーすあだぷたー

カメラマン写真用語辞典「リバースアダプター」の解説

リバースアダプター

 拡大率の大きな接写をする場合には、撮影レンズを逆向きにしてカメラに装着(先端がカメラ側)すると、画質が良くなる。このためには、片側がレンズ前枠のフィルターネジ、もう片側がカメラのレンズマウントになっているアダプターが使われる。これがリバースアダプターである。リバースアダプターを使うと、画質が良くなるだけではなく、拡大率(撮影倍率)も正向きより大きくなる。しかし、AF一眼レフカメラの出現で、リバースアダプターは使えなくなってしまった。現在では、マニュアル一眼レフカメラ用にほんのわずかな生産量にすぎない。

出典 カメラマンWebカメラマン写真用語辞典について 情報

今日のキーワード

榷場

中国,宋代に北・西方の外民族との貿易を管理するため国境におかれた官庁。 榷務,榷署とも呼ばれる。太平興国2 (977) 年,契丹との交易のため設けられたのに始り,景徳4 (1007) 年西夏との間にお...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android