コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

リバースアダプター reverse adapter

デジタル大辞泉の解説

リバース‐アダプター(reverse adapter)

レンズ交換式カメラで、接写撮影のためレンズの前後を逆にしてカメラに取り付けるアダプター。拡大率が通常の向きよりも大きくなる。オートフォーカス機能は使えない。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

カメラマン写真用語辞典の解説

リバースアダプター

 拡大率の大きな接写をする場合には、撮影レンズを逆向きにしてカメラに装着(先端がカメラ側)すると、画質が良くなる。このためには、片側がレンズ前枠のフィルターネジ、もう片側がカメラのレンズマウントになっているアダプターが使われる。これがリバースアダプターである。リバースアダプターを使うと、画質が良くなるだけではなく、拡大率(撮影倍率)も正向きより大きくなる。しかし、AF一眼レフカメラの出現で、リバースアダプターは使えなくなってしまった。現在では、マニュアル一眼レフカメラ用にほんのわずかな生産量にすぎない。

出典|カメラマンWebカメラマン写真用語辞典について | 情報

リバースアダプターの関連キーワードレンズ交換式カメラ

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android