コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

撮影倍率 サツエイバイリツ

2件 の用語解説(撮影倍率の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

さつえい‐ばいりつ【撮影倍率】

カメラのフィルムイメージセンサーに写された像の大きさと、被写体の実際の大きさとの比率。写された像が実物大の場合は1倍(等倍)という。接写に向くマクロレンズの中には最大撮影倍率が等倍のものがある。像倍率。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

カメラマン写真用語辞典の解説

撮影倍率

 「像倍率」とも言うが、レンズで写された像の大きさ(フィルム上の大きさ)と、被写体の実際の大きさの比率を言う。撮影倍率は1/10倍以上小さいとあまり問題にならない。しかし、1/4倍よりも大きな撮影倍率は、とくに接写の場合に重要となる。フィルム上で被写体の実物大の1/2の大きさに写れば撮影倍率は1/2倍、実物大そのままに写れば撮影倍率1倍(あるいは1:1、等倍とも言う)であり、マクロレンズと呼べる。その撮影倍率はレンズ鏡胴に表示してあるのがふつう。計算で出す場合には、焦点距離÷(撮影距離-焦点距離)である。  なお、デジタル写真が当たり前の昨今では、マクロレンズの接写性能を評価する以外にあまり意味はなくなってきている。高画素で撮影した画像であれば、ディスプレイ上でもプリント上でも自由に拡大できるからなのは言うまでもない

出典|カメラマンWeb
解説は執筆時の情報に基づいており、現時点で最新の内容であることを保証するものではありません。

撮影倍率の関連キーワードクローズアップレンズ接眼レンズ双眼鏡対物レンズえも言はず像倍率対称型レンズテレコンバーターミラーレンズレンズ状岩

撮影倍率の関連情報