コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

撮影倍率 サツエイバイリツ

カメラマン写真用語辞典の解説

撮影倍率

 「像倍率」とも言うが、レンズで写された像の大きさ(フィルム上の大きさ)と、被写体の実際の大きさの比率を言う。撮影倍率は1/10倍以上小さいとあまり問題にならない。しかし、1/4倍よりも大きな撮影倍率は、とくに接写の場合に重要となる。フィルム上で被写体の実物大の1/2の大きさに写れば撮影倍率は1/2倍、実物大そのままに写れば撮影倍率1倍(あるいは1:1、等倍とも言う)であり、マクロレンズと呼べる。その撮影倍率はレンズ鏡胴に表示してあるのがふつう。計算で出す場合には、焦点距離÷(撮影距離-焦点距離)である。  なお、デジタル写真が当たり前の昨今では、マクロレンズの接写性能を評価する以外にあまり意味はなくなってきている。高画素で撮影した画像であれば、ディスプレイ上でもプリント上でも自由に拡大できるからなのは言うまでもない

出典|カメラマンWebカメラマン写真用語辞典について | 情報

撮影倍率の関連情報