コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

接写 セッシャ

デジタル大辞泉の解説

せっ‐しゃ【接写】

[名](スル)被写体にレンズを近づけて写すこと。また、その写真。近接撮影。マクロ撮影。「花を接写する」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

カメラマン写真用語辞典の解説

接写

 被写体に近づいて撮影すること。明確にここからが接写という基準はないが、花のアップ・昆虫の撮影・小物の撮影などのような、小さな被写体を撮影することを言う場合が多い。クローズアップ撮影とも言う。 → マクロレンズ

出典 カメラマンWebカメラマン写真用語辞典について 情報

大辞林 第三版の解説

せっしゃ【接写】

( 名 ) スル
写真で、レンズを被写体にごく近づけて撮影すること。 「草花を-する」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

接写
せっしゃ

撮影用語。一般に1メートル以内の写真撮影を接写、クローズアップclose-up、略してアップなどとよぶ。50~20センチメートル程度に近づいて写すようになれば本格的な接写で、ピント合わせや露出調節に独自の撮影技術が要求される。たとえば被写界深度がたいへん浅くなるため、最小絞りかそれに近い小絞りを使う必要があり、またレンズとフィルム面の間隔が長くなるため、撮影倍率に応じて露出を増加しなければならない。草花の接写、昆虫や小動物の生態撮影、学術研究上の小資料の撮影など、接写の技術はかなり広範囲にわたって応用されている。一般のカメラのレンズは、その焦点距離の10倍程度の距離にまで近づいて写せるが、それより近づくには、クローズアップ・レンズとよばれるアタッチメント・レンズ、レンズの繰り出し量を補足する接写リング中間リング)やベローズ(蛇腹(じゃばら))、超近接の拡大撮影でレンズを逆に取り付けるためのリバースリング、接写のときに見やすい特殊なファインダーなどの専用機材が利用される。また近接性能に重点を置いた設計のマクロレンズもあり、これらを使用することにより、一眼レフカメラの特性を十分に活用することができる。[小池恒裕]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

接写の関連キーワード節・竊・切・刹・截・折・拙・接・摂・攝・泄・渫・窃・節・褻・設・説・雪エクステンションチューブcloseup lensエクステンションリングワーキングディスタンスフィリップ カルデロンアングルファインダークローズアップレンズアタッチメントレンズリバースアダプターマクロ (カメラ)リングフラッシュベローズ(写真)接写コンバーターネイチャーフォトホログラフィーbio art無反射ガラスワイドマクロ電子望遠鏡

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

接写の関連情報