コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

リファービッシュ事業

1件 の用語解説(リファービッシュ事業の意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

リファービッシュ事業

中古工業製品を回収し、現在の環境基準にかなうように手入れして、リサイクルする事業。欧米では、リデュースリユース、リサイクルの「3R」に加え、第4のRとして注目されている。日本ではモデル事業として、京浜臨海部でのエコロジー産業モデル事業や、環境省地球環境温暖化対策事業などがある。特に、車の分野でのリファービッシュが盛んで、年々厳しくなる排ガス規制に中古車を対応させ、販売している。このことは、最終的には海外に流れていくことが多い中古車の「公害の輸出」を抑制することなるメリットもあると言われている。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

リファービッシュ事業の関連キーワード排水基準環境基本法ばた屋再製造シュレッダーダスト生産物回収費用保険レオンチェフ・パラドックスうるささ指数(WECPNL)パロマ工業製ガス湯沸かし器事故環境基準と生物化学的酸素要求量

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone