コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

リユース リユース reuse

翻訳|reuse

3件 の用語解説(リユースの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

リユース(reuse)

[名](スル)再使用すること。そのままの形体でもう一度使うこと。再利用。→循環型社会形成推進基本法スリーアール(3R)
[補説]例えば、ビール瓶・牛乳瓶などを洗浄・消毒して何度も使うことをいう。これに対しリサイクルは、製品を粉砕・溶解・分解するなどして原材料化したり、部分や部品を用いて再資源化・再生利用することを指す。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

リユース【reuse】

( 名 ) スル
再使用すること。また、再使用するもの。容器などにいう。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

リユース
りゆーす
reuse

一度使用したものをそのままの形でふたたび使用すること。再使用ともいう。身近な例では、フリーマーケットやオークションで古着や中古品を他者に譲ったり売ったりして再使用する場合や、生産者が使用済みの製品や部品を回収して再使用する場合がある。廃棄物処理の分野では、ビールなどの酒類やソフトドリンクなどを入れるリターナブル瓶を回収して再使用することがあげられるが、近年では一度きりの使用で廃棄されるワンウェイ瓶の増加に押されて、リターナブル瓶の出荷量とそれに伴う回収量は減少しつつある。リターナブル瓶(食料品、清涼飲料、酒類)の回収量は、1994年度(平成6)には812万トン、1999年度には310万トン、2004年度(平成16)には183万トン、2009年度には133万トンとなっている(環境省)。
 なお、循環型社会形成推進基本法では、廃棄物処理の優先順位を、
(1)リデュースReduce(発生抑制)
(2)リユースReuse(再使用)
(3)リサイクルRecycle(再生利用)
(4)熱回収
(5)適正処分
としてランク付けしている。なお、技術的あるいは経済的に問題があれば、この優先順位にこだわるものではないとされている。[田中 勝]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

リユースの関連キーワード継続再利用畳用占用孫引き再使用生呑其の儘丸呑み

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

リユースの関連情報