リベルタドーレス杯(読み)リベルタドーレスはい(英語表記)Copa Libertadores

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

リベルタドーレス杯
リベルタドーレスはい
Copa Libertadores

サッカーの南米クラブ王者を決める大会。 1960年に南米チャンピオンズカップとして創設され,1966年に各国独立運動の英雄たちにちなんで「解放者たち」を意味するリベルタドーレス杯と改められた。当初は各国リーグ優勝クラブが参加,1965年からは1ヵ国2チームの参加を認め,1998年からはメキシコのクラブにも門戸を開いた。優勝は「南米3強」といわれるアルゼンチンブラジルウルグアイのクラブがほぼ独占している。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

知恵蔵の解説

リベルタドーレス杯

南米のクラブチームナンバーワンを決める大会。欧州チャンピオンズカップの成功に刺激を受け、1960年に第1回大会を開催した。65年以降、1カ国1チームから2チームの参加となり規模が拡大。2000年には、中米メキシコのクラブも参加するようになった。06―07年シーズンは、ボカ・ジュニアーズ(アルゼンチン)がグレミオ(ブラジル)を下し優勝、FIFAクラブ・ワールドカップに出場する。

(西部謙司 サッカージャーナリスト / 2008年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

リベルタドーレス杯の関連情報