コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

リボフラビン結合タンパク質

栄養・生化学辞典の解説

リボフラビン結合タンパク質

 ニワトリ,妊娠中のウシ,マウス,ラットなどに見いだされているリボフラビンを特異的に結合するタンパク質で,エストロゲンによって合成が制御されると考えられている.胎盤でのリボフラビンの輸送や,卵胞への輸送に関与すると考えられている.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android