リングフラッシュ(読み)りんくふらつしゆ,りんぐふらっしゅ

カメラマン写真用語辞典「リングフラッシュ」の解説

リングフラッシュ

 発光部がリング状になっているフラッシュストロボスピードライト)で、の出ない撮影ができる。もともと歯科医などが口腔内を撮影するために開発された。後に、昆虫などの接写にも効果的なために、広く使われるようになった経緯がある。  構造的には、リング状の発光部がレンズ前枠に装着され、レンズの光軸と一致するから影が出ないのである。この性質を利用して、わざと赤目現象を起こさせるためにリングフラッシュが使われることもある。

出典 カメラマンWebカメラマン写真用語辞典について 情報

デジタル大辞泉「リングフラッシュ」の解説

リング‐フラッシュ(ring flash)

(リング)のようなをした撮影用の発光装置。接写の際、影が出ない撮影が可能。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

与党・野党

一般には、与党とは政権を担当している政党(政府党・政権党)、野党とは政権の座についていない政党(在野党)をさす。元来、この与党・野党という語は、二大政党制による議会政治・政党政治が円滑に行われていた国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android