リンダウノーベル賞受賞者会議(読み)リンダウノーベルショウジュショウシャカイギ

デジタル大辞泉の解説

リンダウ‐ノーベルしょうじゅしょうしゃかいぎ〔‐シヤウジユシヤウシヤクワイギ〕【リンダウ・ノーベル賞受賞者会議】

ドイツのリンダウで毎年開催される、若手研究者のための交流会議。物理学、化学、医学生理学、経済学分野のノーベル賞受賞者が毎回20名程度招待され、講演などが行われる。第1回は1951年。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

一代年寄

相撲界に大きな功績を残した力士に認められる年寄のことで,理事会が決定する。日本相撲協会にある 105の年寄名跡のほかに,力士名がそのまま年寄名とされる。資格は本人1代かぎりで,定年または廃業すれば自然...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android