講演(読み)コウエン

デジタル大辞泉の解説

こう‐えん【講演】

[名](スル)
(カウ‐) 大ぜいの人に向かって、ある題目に従って話をすること。また、その話。「政治問題について講演する」
(コウ‐) 経典を講じ仏法を説くこと。説法

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

こうえん【講演】

( 名 ) スル
聴衆の前で、ある題目のもとに話をすること。また、その話。 「外交問題について-する」 「 -会」
経典を講じ、仏法を説くこと。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

こう‐えん【講演】

〘名〙
[一] (コウ:)
① 経典を講じ仏法を説くこと。説経。
※宝生院文書‐永延二年(988)一一月八日・尾張国郡司百姓等解「造借屋以修御願、講演之程構片庇為読経」
※百座法談(1110)三月二七日「この御講演の莚には日ひに来りのそみ給て」
② 音楽の演奏などを聴く会合。
※古今著聞集(1254)一二「篳篥(ひちりき)つかうまつりて、内々の講演などには、ふかせられけるとぞ」
[二] (カウ:) 多くの人に向かってある題目について話すこと。〔改訂増補哲学字彙(1884)〕
※思出の記(1900‐01)〈徳富蘆花〉三「ブルターク英雄伝の講演になると」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

講演の関連情報