コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

リン化カルシウム リンかカルシウム calcium phosphide

1件 の用語解説(リン化カルシウムの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

リン化カルシウム
リンかカルシウム
calcium phosphide

化学式 Ca3P2 。赤褐色の結晶性粉末。灰色の塊状性物質の場合もある。湿った空気,水によって分解し,リン化水素 PH3 を生じ発火する。比重 2.51,融点約 1600℃。銅あるいは銅合金の精製,殺鼠剤などとして使用される。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

リン化カルシウムの関連キーワード塩化亜鉛ノスカピンヒロポンブロムワレリル尿素硫化カリウムスルファニルアミドペンタゾシン宝丹マーゾニンスパルテイン

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

リン化カルシウムの関連情報