精製(読み)セイセイ

デジタル大辞泉の解説

[名](スル)
十分に念を入れてつくること。「材料を選び精製した品」
まじりものを除いて、純良なものをつくりあげること。「原油を精製する」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① 念を入れて作ること。
※人情本・春色梅児誉美(1832‐33)三「桜餠よりはるかにまさりて、実に極品精製(セイセイ)の御口取なり」
※うもれ木(1892)〈樋口一葉〉五「生地は素(もと)より沈寿官が精製(セイセイ)の細璺陶(さいふんたう)
② 原料や粗製品に手を加え、純良なものに作り上げること。また、不純物を除いて純度の高いものにすること。
※舎密開宗(1837‐47)内「精製消酸加里」
※福翁自伝(1899)〈福沢諭吉〉緒方の塾風「不完全ながら色の黒い硫酸が出来たから、之を精製(セイセイ)して透明にしなければならぬ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

精製の関連情報