精製(読み)せいせい

精選版 日本国語大辞典「精製」の解説

せい‐せい【精製】

〘名〙
① 念を入れて作ること。
※人情本・春色梅児誉美(1832‐33)三「桜餠よりはるかにまさりて、実に極品精製(セイセイ)の御口取なり」
※うもれ木(1892)〈樋口一葉〉五「生地は素(もと)より沈寿官が精製(セイセイ)の細璺陶(さいふんたう)
② 原料や粗製品に手を加え、純良なものに作り上げること。また、不純物を除いて純度の高いものにすること。
※舎密開宗(1837‐47)内「精製消酸加里」
※福翁自伝(1899)〈福沢諭吉〉緒方の塾風「不完全ながら色の黒い硫酸が出来たから、之を精製(セイセイ)して透明にしなければならぬ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「精製」の解説

せい‐せい【精製】

[名](スル)
十分に念を入れてつくること。「材料を選び精製した品」
まじりものを除いて、純良なものをつくりあげること。「原油精製する」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

半夏生

半夏ともいう。七十二候の一つで,本来は夏至後 10日目から小暑の前日までをいったが,現行暦では太陽の黄経が 100°に達する日 (7月1日か2日) を半夏生とし,雑節の一つとして記載している。この頃半...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android