コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

リードアフターライト りーどあふたーらいと

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

リードアフターライト

データを書き込んだ後に、そのデータを読み込んで、整合性を確認する機能。ベリファイとも呼ばれる。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

リード‐アフター‐ライト(read after write)

コンピューターの記憶装置における誤り検出機能の一。データの書き込み直後に元データを比較し、正しく記録されたかどうかをチェックする。RAW

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

IT用語がわかる辞典の解説

リードアフターライト【read after write】

コンピューターで記憶媒体にデータを記録する際の誤り検出方式のひとつ。データを書き込んだ直後に、そのデータを読み込み、元のデータと比較して一致しているかどうかを調べる。◇頭文字から「RAW(ロウ)」ともいう。

出典|講談社IT用語がわかる辞典について | 情報

リードアフターライトの関連キーワードコンピューター依存関係